« ガンダムAGE 18話 | トップページ | 幻想水滸伝 紡がれし百年の時 プレイ日記その2 »

浅田真央は2位

 四大陸選手権のフリーは最終滑走グループが見ごたえがありませんでした。

 いきなりジャンがミスなくすばらしい演技を見せてくれました。ジャンも復活と思わせるものでした。しかしその後のワグナーもそれに続きます。こちらもすばらしい演技です。まさかの190点ごえです。四大陸は点数があまめですがそれでもすごい点数です。ワグナーがここまですごいとは思いませんでした。

 この二人がいい点数を出したことで村上は表彰台がきびしくなりました。村上はフリーでは転倒はないもののミスが目立ちました。終わった後に苦しそうでした。やはり空気が薄いところは大変だったようです。点数も二人にはとどきませんでした。

 そして期待の浅田真央です。浅田なら完璧に決めれば200点近くの点数で逆転も可能だろうと見ていました。最初のトリプルアクセルもきめてこれでいけるんじゃないかと思いましたがそのご着地で手をついてしまったり、ジャンプで抜けるところもありワグナーには点数はとどかず2位に終わりました。

 トリプルアクセルも回転不足ととられたようでした。ざんねんながら2位でしたが3月の世界選手権に期待が持てるものとなりました。

 世界選手権では強豪もたくさん出てきますが優勝争いはできそうです。

|

« ガンダムAGE 18話 | トップページ | 幻想水滸伝 紡がれし百年の時 プレイ日記その2 »

コメント

はじめましてです(o^-')bブログ楽しくて結構チェックしてるんですよ(^-^)/実は読者なんです(笑)普段はあんまりコメントとかしないほうなんだけど(照)見てるだけなのもアレかなって思ってコメントしてみました(笑)仲良くしてもらえたら嬉しいです( ´艸`)一応わたしのメアド載せておくので良かったらお暇なときにでもメールください(´0ノ`*)ココログやってないからメールしてもらえたら嬉しいです(=⌒▽⌒=)まってるねえ(* ̄Oノ ̄*)

投稿: まりこ | 2012年2月16日 (木) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅田真央は2位:

« ガンダムAGE 18話 | トップページ | 幻想水滸伝 紡がれし百年の時 プレイ日記その2 »