« マクロスF 7話 | トップページ | ラスト・フレンズ 7話 »

警視庁捜査一課9係 6話

 6話は青柳と妙子の話です。この二人の場合前シリーズでうまくまとまりあとは結婚がいつになるかという感じだったので妙子がまた覚せい剤がらみの事件に巻き込まれるのは可哀想です。

 事件のほうもただ弁護士が悪人だったというほうがすっきりしてわかりやすかったです。自分が自由になるために妙子を利用し殺人をしようとするのは計画的に無理があったと思います。あまりにも小林商事のこととか知りすぎでした。証言させるための言葉とかもあまりにも不自然すぎます。あれでは殺すことができてもつかまってたでしょう。

 どっちかというと主任とつかさのことが気になるのですがつかさが出てきませんでした。このまま別れて終わりなんでしょうか。小宮山と医者もどうなっているか出てこないです。直樹の兄はやはり倫子から金を借りてしまうんでしょうか。それで倫子は自分の店はできなくなるというのが可能性が高そうです。

|

« マクロスF 7話 | トップページ | ラスト・フレンズ 7話 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁捜査一課9係 6話:

« マクロスF 7話 | トップページ | ラスト・フレンズ 7話 »